更年期障害といえば、女性特有の症状であると認知されていますが、実は男性にも更年期障害と言う物があるようです。しかし、男性の更年期は女性のように閉経など明らかな原因がなく、人による違いが非常に大きい為、はっきりと更年期障害であると判断することが難しいようです。男性の更年期障害の主な原因は、加齢による男性ホルモンの低下であり、年齢的に40代〜50代がピークだと言えます。このホルモンの低下によって自律神経の働きが乱れ、気力が低下したり、排尿機能や男性機能の低下、不眠や不安からの情緒の乱れ、倦怠感などの症状があらわれます。加えて、男性の場合だと、仕事や職場などの外部からのストレス、夫婦関係や子供(いくつになってもかわいいものなんていいますね)との関係などの家庭内でのストレス、肥満、運動不足などが男性ホルモン(ステロイドホルモンの一つで、アンドロゲンとも呼ねれています)の分泌を妨げてしまうこともあります。そして、それによって男性ホルモンが減少し、更年期障害の症状を悪化させてしまう恐れもあるのです。男性は男性ホルモンの低下が40代〜50代に最も多く起こるので、このとき期のことを更年期と呼びます。でも、人によっては、30代で男性ホルモンの低下が始まり、更年期(日常生活を送ることすら難しくなるくらいの不定愁訴が起こることも多いでしょう)障害の症状があらわれる人もいるそうです。また、責任(きちんと取れるのが社会人であり、大人であるといえるかもしれません)感が強く真面目で几帳面な方は、ストレスを抱えやすく更年期(人によって具体的な時期は畭なります)障害になりやすいと言われています。他には、男性ホルモンが大量に分泌され、見た目も中身も男性らしい人が年を取って男性ホルモン(アンドロゲンとも呼ねれており、男性だけでなく女性も分泌しています)の分泌量が急に減ってしまうと、その落差で更年期障害を引き起こしやすくなるでしょうー